North Feeling 

北海道の雄大な自然から、日常の身近な風景まで

◆ FC2カウンター

◆ プロフィール

ei-chan

Author:ei-chan

◆ カテゴリー

◆ ブログ内検索

◆ 最近の記事

◆ 月別アーカイブ

◆ ブログリンク

このブログをリンクに追加する

◆ お気に入りリンク

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
冬の抜海とゴマフアザラシ
p20080531a.jpg

 凍てつきながら
 アザラシの
 仕草に
 ふと
 胸が
 温かくなった
 
 2008年1月26日 稚内市抜海(ばっかい)港にて

 毎年冬季になると、稚内から少し南に下ったこの港にゴマフアザラシがやってくるそうです。
 ゴマフアザラシはとても愛嬌があり見ていて心が和みますね。
 抜海はなにもない所ですが、このアザラシを見るためのウオッチング?小屋があり、ゴマフアザラシを観るためにこの厳冬期の抜海に訪れる観光客がいます。
 ゴマフアザラシは最近頭数が急増しているそうです。
 なぜかというと、流氷で宗谷海峡が凍るとここまでたどり着けない筈なのですが、最近の暖冬で流氷の面積が縮小して容易にここまでアザラシ君たちがたどり着けるようになったからだそうです。
 私のような写真を撮っている輩や観光客にとっては、癒される、カワイイ!でいいですが、漁業者にとって魚網が食いちぎられたりしてその被害は無視できないものとなっており、漁業関係者にとっては憎き奴となっているそうです。
 
 そのことはともかく、顔マスクまでして上から下まで完全防寒をしなければ寒くてカメラの絞りのことさえ頭がまわらなくなる位だったのに、今の季節の穏やかさとは雲泥の差ですね。ですが、また訪れるのですね。でも、温暖化が進むと違ってくるのかなぁ・・・

p20080531c.jpg

p20080531b.jpg


 写真番外編ですが

 天塩町から稚内まで向かって左は利尻岳を眺める日本海海岸線と右は広大に広がるサロベツ原野の途中コンビニも民家もなにもない中を通る、延々70キロに及ぶ道道稚内天塩線があります。
 この日私が通った時は地吹雪が結構あってほとんど前がなにも見えなくなったことが何回もあり、結構スリル満点?のドライブでした。
 車が舞い上げる雪はすごく、前方に車が走っていたら前が見えなくなります。抜海に着いた時はこんな感じでした。
 地元の人は天井に回転灯を付けて走っているそうです。
 
にほんブログ村 風景写真ランキング←何かを感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2008-2015 North Feeling  all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。