North Feeling 

北海道の雄大な自然から、日常の身近な風景まで

◆ FC2カウンター

◆ プロフィール

ei-chan

Author:ei-chan

◆ カテゴリー

◆ ブログ内検索

◆ 最近の記事

◆ 月別アーカイブ

◆ ブログリンク

このブログをリンクに追加する

◆ お気に入りリンク

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
神威岬もうひとつの絶景
 神威岬
 水無しの立ち岩は
 隠れた主役だ 
20100708a.jpg
《画像をクリックすると拡大します》

 2010年7月 積丹町 神威岬 水無しの立岩

 SONY α700
 SONY DT16-105mm F3.5-5.6

 写真では何度か目にはしていたが、自分自身なかなかたどり着くことができなかった場所。
 ようやくこの神威岬を眺めるもうひとつの場所を訪れることができました。
 
 念仏トンネルを通って神威岬に至るルートはかつての主要ルートでしたが、
 いまや、内陸部から入る整備された道路が岬の入り口まで伸び、大きな駐車場やレストハウスが建って、たくさんの観光客を気軽に神威岬の突端まで行かしめるようになっています。それでも、突端まで遊歩道を歩くのは大変だと感じる人は多い・・・
 まだ、道路が整備されていなかった中学生の時、内陸の山道を歩き行けども行けども岬の突端が見えなく、1時間半くらいかかってようやく岬の突端までたどりついた思い出があります。夕日はとっくに沈み、出発地にたどり着いた時は夜もかなり更けていました。
 かつて、海岸を通って神威岬に至った念仏トンネルを通るルートもいまや完全に忘れ去られてしまったルートになってしまいました。
 忘れ去られたというよりも、念仏トンネルを残して、あとはほとんど崩壊しており、こんな所がルートだったのかと思わせるほど完全になくなってしまったと言うほうが正しいかもしれません。
 
 実はこのルートは2度目のアタック
 1度目は一昨年の12月でした。
 行く手にそそり立つ断崖は巨大なツララと氷で覆われ、冬の強い冷たい風と波は安易に踏み込んだ私の行く手を拒みました。
 カメラとドリンクを入れた小さいショルダーバックと三脚を左右の肩に掛け、さらにもうひとつ念仏トンネル通過と日が落ち暗くなった時のために懐中電灯を肩に掛けて気合を入れて出発。
 見上げると今にも岩が落ちてきそうな断崖の真下を歩いて20分弱くらいでしょうか、念仏トンネルに到着しました。
 大正時代に作られたというこのトンネルはただ岩をくりぬいただけの巣彫りのトンネルだが、入ると直角に曲がっていてさらに直角に曲がっているので、ゴォーという通気の音と共に、まるで完全なる闇の中へ突入する感じで結構怖かった。
 そして、それを抜けると神威岩とあの水無しの立ち岩が目の前にせまる絶景が目の前に広がっていました。
 
念仏トンネルを通るルートは現在立ち入り禁止となっています。
 ルートはほとんど崩壊、崩落しています。
 足場がかなり不安定な岩場を歩かねばならず、
 今にも岩が落下してくるかもしれないそそり立った断崖の真下を通るため大変危険です。
 決して、安易な気持ちで立ち入ることがないようにしてください。
 それでも立ち入る場合は、完全なる自己責任と用意周到のもと行動するようお願いします。
   

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

まんた
きれいな所ですね(*^_^*)
この景色を見て思わず行ってみたーい!と
思いましたが、注意書きを読んで諦めました(苦笑)
どこか違う惑星みたいです

ps 私もウィンザーホテルに泊ったことがありません
駐車場に行ったことがあるだけで~す(笑)
2010/07/08(木) 23:10:35 | URL | [ 編集]
ひな爺
ここの念仏トンネルへ30年以上前に行った事があります。
その頃は気楽に行けたものですが今は本当に危険な状態になってるのでしょう。
ei-chanの撮影に対する執念がそこまで行かせるのでしょうね。
私なら「やーめた」っと引き返して来るでしょう。
2010/07/09(金) 01:01:32 | URL | [ 編集]
満奈美☆
すご~く綺麗!!!
写真集が完成したらぜひ見せて下さいね~楽しみです。

私も自分のテーマは何かな~って考えてみました。
う~ん・・・何だろう??

2010/07/09(金) 09:33:40 | URL | [ 編集]
ei-chan
> まんた さん

コメントありがとうございます!
神威岬はその昔、女人禁制だったと言いますがまさに女性が立ち入るのは危険なルートでした。
でも、最近は女性のほうが強いのでそうとも言えないかもしれませんね^^
2010/07/09(金) 19:34:29 | URL | [ 編集]
ei-chan
> ひな爺さん

コメントありがとうございます!
30年前はきっとデートコース?だったのですね(*^.^*)
先達者のカメラマンがいい写真を撮られているので一度撮ってみたいという想いはありました。
今度、一緒に行きますか?^^
2010/07/09(金) 19:38:52 | URL | [ 編集]
ei-chan
> 満奈美☆ さん

コメントありがとうございます!
そうですね、ぜひご期待ください^^
自分のテーマはあると思いますよ~
2010/07/09(金) 19:40:30 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2008-2015 North Feeling  all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。