North Feeling 

北海道の雄大な自然から、日常の身近な風景まで

◆ FC2カウンター

◆ プロフィール

Author:ei-chan

◆ カテゴリー

◆ ブログ内検索

◆ 最近の記事

◆ 月別アーカイブ

◆ ブログリンク

このブログをリンクに追加する

◆ お気に入りリンク

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
朝日の美しさとエネルギー
p20080414a2.jpg

 美しいと思える心
 なにかを美しいと感じた時
 自分の中の美しさを
 感じているのかもしれない

p20080414b2.jpg
 
 夜明け前の恐れから
 輝く世界へ
 
 2008年4月13日 早朝 古平町 丸山岬付近

 日の出、日没の写真を撮っていて、いつも思うのですが、その前後でまったく雰囲気が変わってしまうのです。
 夕焼けのとてもすがすがしい気持ちの良い雰囲気が、日没後30分もすると、なにか不気味な闇の世界、それはそれで味わいがあると思いますが・・・しかし、その雰囲気の変貌にいつもビビッてしまいます。
 朝日も同様、人気がまったくない所、崖の上など本当に怖い感じがします。また、冬やこの日も霜が降りており、とても寒いのが常識。しかし、太陽が上がったとたん、その恐れや寒さが吹っ飛び、太陽の恩恵というか、エネルギーというものを崇めずにはいられなくなります。いつも、朝日を浴びると、自分が洗われた感じがします。

 上の写真の朝日は、小さくてわかりづらいかもしれませんが、雲を境にして、下が赤っぽく、上が黄色く見えます。

にほんブログ村 風景写真ランキング←何かを感じて頂けたら、ワンクリックありがとうございます☆

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2008-2015 North Feeling  all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。