North Feeling 

北海道の雄大な自然から、日常の身近な風景まで

◆ FC2カウンター

◆ プロフィール

ei-chan

Author:ei-chan

◆ カテゴリー

◆ ブログ内検索

◆ 最近の記事

◆ 月別アーカイブ

◆ ブログリンク

このブログをリンクに追加する

◆ お気に入りリンク

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
深山峠観覧車建設問題について
 美瑛町の境界からすぐ南に位置し、「花人街道」とも言われる国道237号線の動脈が通る、通過地点に深山(みやま)峠があります。ここからの風景は、晴れれば雄大な十勝岳連峰を望め、その粗野には牧歌的な丘陵地帯を見通すことができ、多くの観光バスが足を止め、多くの観光客がその雄大な牧歌的風景に魅せられて行きます。ここからの十勝岳の眺めが一番良いと言われるほどの所です。
 そして、この深山峠には食堂やお土産屋の他にトリックアート美術館があります。道民にとってはローカルCMなどでご存知の方が多いと思いますが、実は、ここの会社がそこの隣接する土地に高さ50メートルの観覧車を建てようとしています。
 
 観覧車からの高い視点から望む眺めはとても素晴らしいものになるでしょう。
 
 で・す・が、その周辺、例えばジャットコースターの道周辺から望む十勝岳連峰の眺め、直線距離にしてJR富良野線をまたいで1キロちょっとしかない美瑛町の四季彩の丘、その他の様々な美瑛、上富良野町の地点から眺める風景に深山峠が入っていたらどうなってしまうのでしょうか?
 
 美瑛、その周辺の丘陵地帯のような風景は世界中どこを探してもないと言われています。
 単に風景の邪魔物になり、写真が撮れなくなるだけではありません。
 この構造物ができることによって、ここの全体的なイメージやセンスがどうここを訪れる人に問われてくるかに危機感を持つ次第です。

 この貴重な風景遺産ともよべるようなこの地に50メートルもの観覧車。どう比較したらいいかわかりませんが小樽ウィングベイの観覧車は58メートルだそうですから、これは結構高いですよ。ちょっと待ってくださいという気持ちです。
 
 どうして、これを建てる社長さんはもっとましなことを思いつかなかったか不思議です。
 私がこれを知ったのは、10日前くらいの北海道新聞なのですが、なんと、この計画、実はもう計画ではなく、とっくに上富良野町の審議でGOサインがでて、なんと資材は運び込まれ建設が始まっているそうなのです。
 理由として、ここからの景色はとても素晴らしいから、疲弊している地方経済にたいしてここでひとつ話題を集めるものを作って、多くの人を呼び込もうというものだそうですが、いくらなんでもなにか作れば人が呼び込めるようなバブル時期の時代遅れの発想にはどうしたものかと思ってしまいます。夕張の事例は思いうかばなかったのでしょうか。
 
 トリックアート美術館の説明
 
 ここの社長さん、深山峠からの景色はとても愛されていることでしょう。
 ですが、まわりに及ぼす影響は考えられなかったのでしょうか。
 説明でロンドンの例を挙げていますが、ここはロンドンのような都市ではありませんし、その他のフィレンツやヴェネツィアのような歴史的な都市は窓一枚、壁のタイル一枚取り替えるだけでお役所の許可が必要といいます。多くの歴史的都市の条例がそうだという多勢を無視して、ひとつの例外だけを取り出していいじゃないかと言っているようなものだと思います。

 あくまで推測ですが、トリックアート美術館はだいぶ古くなり目新しさがなくなり、もうあまり人を呼び込めなくなったので、新しい目玉商品が必要なのかもしれません。その対案としての観覧車とはいかにも稚拙さを感じさせてしまいます。トリックアート美術館がだめなら、トリックアートの美術品は売却して、なにか総合的に美瑛や富良野で活躍している(いた)画家やその他の芸術家、写真家の総合美術・芸術館や地元の物産を売ったり、地元の芸術家や農家の人と交流できる場所に作り変えたほうがいいと思いますけど。国道沿いだから集客が見込めるし、なによりも地元の人の為にもなると思いますがどうでしょうか?

 そして、それを指導する立場の町は、上富良野町平成20年度 第1回景観づくり推進会議を読んでいただければわかりますが、観覧車を建てる社長にGOサインは出すが、もし、それで成功したらそれにあやかられればいい。もし、失敗したらすぐ撤去してくれという、町としてのポリシーも理念もなにもない、金儲け主義のなんとも無責任な一体感のない姿勢を感じてしまうのは私だけでしょうか?
 北海道景観条例が施行されるのは来年5月からで、それまでに建設すれば条例に引っかからないからいいではないかという姿勢にはあきれてしまいます。

 私は美瑛・富良野に関しては、今年から撮影を始めたばかりでまだまだこの土地のことについては知らないことばかりで初心者の部類だと思います。ただ、言えることはここの景色はとても素晴らしいし美しいということです。
 この素晴らしい所をもっと大事に思ってほしいということです。
 もちろん、その土地に住む人にとって景観よりも生活が大事なのはよくわかっています。
 しかし、ここは知床の大自然とは少し違っています。
 自然と人との調和のとれた山里風景なのです。
 同じ人工物でも農作業小屋と鉄筋の観覧車とはワケが違うのです。

 地方の町が経済的に疲弊して、なんらかの経済的効果が必要なのはわかります。
 しかし、小手先の1,2年先の経済的効果だけでなくもっと、我々の子供の世代までに引き継げるような長期的な視点から立って考えていただきたいです。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

まんた
こんばんわ
その計画はもう止められないんでしょうか?
正直、観覧車から見る景色は昼間より夜景の方が美しいので峠に作ってもどうかと?
東京近郊でも夜景がきれいな所の観覧車は比較的はやってると思いますが
それ以外の所は・・・・?
今の景観を大事にするべきだと思います
2008/11/27(木) 21:02:56 | URL | [ 編集]
ei-chan
>まんたさん

反対運動は大きくなりつつある感じですが、なにせ法的には問題はないのでどうすることもできないのが実情です。
社長ひとりの暴走ならともかく、民意の反映である監督機関の上富良野町議会がたいしてまわりの確認や議論もせず内輪だけで決めてしまったように感じますし、その点が問題だと思います。
札幌のススキノのビルの上にある観覧車はいいと思いますけどね。
2008/11/27(木) 23:40:08 | URL | [ 編集]
みけ
こんばんわ、はじめまして、いくつかのブログでコメントを読んだりして色々考えましたが、やはり反対ですします。年間何日稼動できますか?景観は一部のものではないと思います。美瑛の一日が一生の思い出にもなるのです。なにか他のことでできないのでしょうか、すこし残念ですね。
2008/11/28(金) 01:09:46 | URL | [ 編集]
ei-chan
>みけさん

初めまして。
そうですね。一番残念なのは監督すべき行政が自分達のすばらしい土地に対して、こんな低いモラルしか持ち合わせなかったことに遺憾を覚えます。
2008/11/28(金) 15:52:58 | URL | [ 編集]
ショックです。
同意見です。
個人の意見ならともかく、町も協会も推進するのには、私たちには理解できない感覚を持っていらっしゃるからなんでしょうね。



2008/12/03(水) 02:51:09 | URL | [ 編集]
ei-chan
灯台下暗しではないですが、周りがその土地の良さを理解していても、地元はあたりまえで、その良さがわからないのかも。
2008/12/03(水) 16:34:09 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2008-2015 North Feeling  all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。