North Feeling 

北海道の雄大な自然から、日常の身近な風景まで

◆ FC2カウンター

◆ プロフィール

Author:ei-chan

◆ カテゴリー

◆ ブログ内検索

◆ 最近の記事

◆ 月別アーカイブ

◆ ブログリンク

このブログをリンクに追加する

◆ お気に入りリンク

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
冬の訪れの前に・・・
p20151031.jpg

きびしい季節の前の
静けさと共に

手稲山

SONY α700
SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM

手稲山の山頂付近はすっかり紅葉も終わり、山肌は薄らと白い雪化粧。
これからの冬の訪れを待つ山肌の木々が西日に照らされて静かに佇んでいました。

スポンサーサイト

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

石狩湾新港 夜景
p20151029c.jpg
 
 夜の水面に浮かびあがる
 人々の喧噪とは無縁の世界
 ひとり、さざなぐ水面の先を見つめながら
 心の喧噪も静かになってゆく・・・ 

 SONY α700
 TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO

 この何年かに建造された石狩湾新港の巨大LNG(液化天然ガス)タンク。
 写真のタンクは1,2号タンク、そして、現在はさらに大きい3号タンクも建造中です。
 これも夜景で撮れるのではないかと思い立ち、行って撮ってみました。
 暗闇の中に浮かび上がるLNGタンク群を水面と一緒になんとかイメージ通りに撮ることができた感じです。
 北海道の夜景は今、室蘭が脚光を浴びていますが、この前撮った、江別王子製紙など近場の札幌周辺にもいろいろ撮れるものがあるのではないかと興味が沸いております。
 ただ、夜の撮影はなにかと昼間の2倍は疲れる感じですね。

テーマ:夜景・夕景 - ジャンル:写真

冬の石狩湾
p20151028.jpg

 夏の人が去ったあとの浜辺は
 風と雪と光のグラデーションの世界になる

 石狩市厚田

 これからの日本海、特に石狩湾北部に流れこむ雪雲が
 夏とは違った光と雲の陰影が織りなす世界を作ります。
 この日はすごい強風で打ち寄せる波が泡波となっていました。

 SONY α700
 SONY DT16-105mm F3.5-5.6
 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

カラマツの季節
p20151026.jpg

 落日後に染まる空のように
 季節最後に輝く黄金色の山の帯雲

 北海道の紅葉は最盛期を超えつつありますが、
 これから最後に染まるのはカラマツ
 もともと北海道の木ではないですが、多く植林された経緯があり、これからの季節のいい風景被写体になります。 

 もう、8年前札幌南区藤野あたりで撮ったものです。

 SONY α100
 TAMRON AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 1:2


 

テーマ:四季 −秋− - ジャンル:写真

色鮮やかなきらめきとともに
p20151024.jpg

 色鮮やかなきらめきとともに
 いつの日かまた
 心を込めて・・・

 SONY α700
 SONY DT16-105mm F3.5-5.6


 

テーマ:紅葉写真 - ジャンル:写真

落ち葉のこころ
p20151022.jpg

 葉っぱは落ちてゆく場所を選べない
 けれどもすべてを委ねる
 安心感に包まれている

 日の丸構図ですが・・・なんかいい感じ。
 
  SONY α700
  SONY DT16-105mm F3.5-5.6

テーマ:四季 −秋− - ジャンル:写真

窓風景
p20151020b.jpg
 あなたの心の窓から見える風景
 それはあなた自身
 過去も未来も
 そして、今ここから見える風景も・・・

 
 江別市 喫茶店 ドラマシアターども にて

 江別駅傍のかつて石狩川の水運で栄えた通称旧市街を訪れてみました。
 自分が小さい時、父の友人が電気店を営んでいて訪れた記憶がありますが、その商店街も今は歩道のアーケードも撤去されお店もほとんどがシャッターを下ろしていてすっかり寂れた雰囲気になってしまっていました。
 今や江別市の中心街は野幌方面に移ってしまったそうです。
 ただ、古い建物が多くとてもレトロチックで写真を撮ったり散策するにはいい感じの所です。

 昔の国道12号線沿いの江別橋があったたもと付近にひと際目につくレンガ造りの建物がありました。
 喫茶と書いてあり、ちょうどコーヒーブレイクがしたかったので入ってみました。
 
 入って早々、カウンター席前のツタに囲まれた大きな窓に惹きつけられました。
 喫茶店の女主人?のおばちゃんにカメラバックを持っていたので「写真撮る人かい?」から会話も弾み、江別の事やこの店が劇団や様々な創作活動をしている人の為の拠点だということがわかりました。
 いろいろと会話をしながらも、気になっていたこの古い窓の写真を撮らせてまらいました。(ていうか勝手に撮っていましたが・・・)
 大正時代に建てられたというだけあって、この縦長の窓もとても歴史と造形美を感じさせます。
 良く撮れているのがあったらブログにアップしてもいいと許可をもらったので、窓自体のアングルは他にもいいのがあったのですが笑顔のおばちゃんが良かったのでこれにしました。
 
 喫茶 江別の創造拠点ドラマシアターども

 SONY NEX-5
 SONY 18-55mm F3.5-5.6 OSS

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

シーニックバイウェイ北海道の表紙
scenicbyway.png

 北海道のよりみちドライブ情報
 『シーニックバイウェイ北海道 vol.15 2015 夏-秋』
 の表紙に自分の写真が使用されています。

 今月までなので、もし機会のある方は手に取って見てみてくださいね。
 道の駅や高速道路SAなどに置いてあると思います。

  シーニックバイウェイ北海道

夕日に映える石狩川
p20151015.jpg

 大きく水を湛えつつ
 その存在は静寂さと共に
 悠久の流れを刻む

 札幌から国道12号線の新江別橋を走っていると目の前に大きく広がる石狩川の雄大な景色が目に飛び込んできます。
 江別市の傍を流れるこの大きな湾曲部は、歴史的に多くの蛇行部分をショートカットされてきた石狩川ですがこの部分は少なくとも開拓時代から変わっていません。
 右手には煙をあげる王子製紙工場が見えます。

 父母両方とも祖父母の家が岩見沢だったので何度も通って見ていますが写真の中州は昔はなかったと思う・・・ 
 
 昭和56年の大洪水の時は雨が止んで何日か後でしたが、堤防の端から端まで溢れていてまるで普段の3倍くらいの大河だったのを覚えています。
 その時は、国道12号線の豊幌あたりは水浸しで通れず、たしか南幌の方を回って祖父母の家に行きました・・・ ちなみに母方の幌向川傍の家は床上浸水しました。

 SONY α700
 TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

まるでジブリの世界?
p20151010b.jpg

 ニセコ東山ミルク工房傍の花畑にて

 40過ぎのおっさんですが頭の中はこんなかんじです・・・・

 SONY α NEX-5
 SONY 18-55mm F3.5-5.6 OSS

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

王子製紙 江別工場の夜景 その2
p20151008.jpg

 幼い時から岩見沢に居た祖父母のもとへ行く途中

 何度も見たこの高くてあたかも要塞のような存在感
 
 齢を経てもこの存在感は変わらない

 澄み切った秋夜空のもと美しく浮かび上がる

  SONY α700
  SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM

 
 

テーマ:夜景・夕景 - ジャンル:写真

王子製紙 江別工場の夜景 その1
p20151007b.jpg

生きてます。

約2年ぶりの更新です。

SONY α700
SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM


テーマ:夜景・夕景 - ジャンル:写真


copyright 2008-2015 North Feeling  all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。