North Feeling 

北海道の雄大な自然から、日常の身近な風景まで

◆ FC2カウンター

◆ プロフィール

Author:ei-chan

◆ カテゴリー

◆ ブログ内検索

◆ 最近の記事

◆ 月別アーカイブ

◆ ブログリンク

このブログをリンクに追加する

◆ お気に入りリンク

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
流氷・道東の旅2010(31)朝のひとりの摩周湖
最終日。
朝の5時に起床し、神秘の湖摩周湖に向かう。
道中に設置されていた電光表示板にはマイナス18℃をさしていた。
おそらく、標高の高い摩周湖展望台付近では日の出前はマイナス20度を下回っているだろう。
実は昨年、朝寝坊をして摩周湖の朝日を取り損ねた苦い思い出がある
とてもいい快晴で、到着した時には多くのカメラマンは帰るところだった。

日の出前の摩周湖展望台付近の雪は車のライトに反射して、まるで雪の中に宝石の粒がたくさんあるかのようにピカピカ輝いていた。
気温が下がらない札幌周辺では見られない光景だ。
着いてみると昨年と同じように、駐車場にはカメラマンの車がたくさん来ていると思っていたが、観光施設の管理人らしき車以外、誰もいない様子。
駐車場から外輪山の尾根を硬くひきしまった雪を、みしみしいいながら少し歩いていきました。

しーんと張り詰める静寂の空気の中、摩周湖の湖面は静かにあらわにしはじめました。
20100330a.jpg

摩周岳とその後方から朝焼けがはじまりました。
20100330b.jpg

もう少しで全面結氷というところでしょうか。
透明度の高い氷にうっすらと覆われているようで、とても美しい。
20100330c.jpg

伝説の島カムイシュ島と朝焼けに淡く染まる湖面
20100330d.jpg

朝焼けは最初いい感じで出始めましたが、だんだんと雲が現れ、期待したほどの朝焼けは見られませんでしたが、しーんと静まりかえった摩周湖にひとりポツンと佇んでいるのは不思議な感覚でした。

SONY α700
SONY DT16-105mm F3.5-5.6

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

流氷・道東の旅2010(31)疲労の迷走
知床での撮影を終え、予定では野付半島、中標津、最終目的地弟子屈へと行くよていだったが、
今回の旅のメインは流氷と決めている。
もう少し、海岸から沖まで覆い尽くされている流氷の写真を撮りたい。
情報では網走沿岸は再接岸したらしい・・・
よって、まだ野付半島には流氷は来ていない(実際には来ていた)と判断し、再度、斜里へと引き返すことにした。
延々150キロもの道を引き返したものの、眼の前のオホーツク海の流氷は沖に流されてしまっていましたガ~ン
天気は良かったので、網走の藻琴駅で食事したりし、女満別のメルヘンの丘の夕日でも撮ろうかと考えました。
そこに車を走らせたものの、見損なうはずがない国道の分岐を誤って常呂の方に走ってしまっていました。(私の車はカーナビはついてません)
そこで、近道を通っていこうと思って行ったものの、結構走ったところで行き止まり、しかも、それが一回ではなく2回も

これはその道中で撮った写真。
20100326a.jpg

おそらく、旅の疲れと早朝クルーズもあり、結構疲労がピークに達していたのでしょう。
メルヘンの丘の沈む夕日にはぎりぎり間に合ったものの・・・
なんと、そこの駐車帯と路肩の境が除雪でわからなく、片方がやわらかい雪に深く埋まってしまいました
その時、美しい夕日が沈もうとしていました。
けっこう動揺しながらも撮った写真です。
20100326b.jpg

その後はすぐそばの会社の方に引っ張ってもらおうとしましたが、バンパーごと持っていかれる危険性があったので、
ロードサービスを要請することにしました。
その間、約2時間くらい。国道の駐車帯なので交通量多く目立ちましたね~網走周辺の皆さん、そこの駐車帯に埋まっていた間抜けな車、わたしです^^;
車を無事、脱出してもらい、弟子屈についたときはもうへとへと・・・
良かったのは車は傷なくロードサービスは保険内で無料だったことです。

この記事を書きながら、そばで息子が写真きれいだね~と

SONY α700
SONY DT16-105mm F3,5-5.6

いよいよ最終日に続きます・・・

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

流氷・道東の旅2010(30)流氷覆う根室海峡
ワシばかりの掲載でしたが
根室海峡を覆う流氷です。
20100325a.jpg

早朝クルーズ後、民宿に戻り、冷え切ったからだをひと風呂浴びて温め、おいしい朝食を頂き、再度相泊の方へ行ってみました。
民宿 熊の入った家
昨年も泊まったお気に入りの宿です。
低料金の割りには、料理は海の幸がふんだんに出され、おかみさんがいい人です。
いろいろと話に付き合ってくれたり、早朝のクルーザーに乗るため4時半に起こしにきてくれたり、カイロを頂いたりと今年もお世話になりました。
名前の通り、25年前くらいに、ほんとに昔クマが家に入ったそうです。
当時、その恐怖体験とともに新聞にも載り大きく報道されました。
漁師をやっていたそうですが、民宿を開業するときに、この体験から宿の名前をつけたそうです。

知床の澄んだ小川が注ぐ流氷に覆われた根室海峡
遠方には国後島が見えます
20100325b.jpg

SONY α700
SONY DT16-105mm F3.5-5.6

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

流氷・道東の旅2010(29)オジロワシよ永遠なれ!
その長大な翼を広げて
優雅にも力強く
20100324c.jpg

凛々しくも強烈な強さを秘めた横顔
20100324a.jpg

眼を大きくしたら
シマフクロウに少し似ているような^^
20100324b.jpg

オジロワシ
それを表現する言葉は数あれど
一言でいうならばかっこいい!につきる
男にとってひとつの憧れの象徴でもあるのだろう(クルーズ船はオッサンばっか)
来年もまた会おう!
20100324d.jpg

SONY α700
SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM

ソ連が崩壊してから、資本主義経済はオジロワシ・オオワシの繁殖地であるサハリンやシベリアを大規模に資源開発し、その住処を破壊していると聞きます。
オジロワシ・オオワシは国の天然記念物であり、絶滅危惧種のレッドリストにも入っている希少な鳥でもあります。
微妙な生態系のバランスの崩れが、来年は羅臼でも見られないということにもなりかねません。
かつては極東の手付かずの地であった所が、ロシアの経済発展にとって重要な地域となり、それと動植物の保護をどう並立させていくかとても難しい課題が突きつけられています。

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

流氷・道東の旅2010(28) キャッチ アンド ゴー!
オジロワシの捕魚シーンです。
急降下爆撃機みたいに、おもいっきり翼でエアブレーキをかけている感じです。
20100323a.jpg

あとは氷上の食事場所へ・・・
20100323b.jpg

キャッチ!
20100323c.jpg

アンド ゴー!
20100323d.jpg

オレに分けろ!
やだよー
20100323e.jpg

SONY α700
SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

小樽雪あかりの路 愛のフォトコンテスト 入賞
このたび、私の写真が第12回小樽雪あかりの路 愛のフォトコンテストに入賞させて頂きました。

写真はブログ2月10日に掲載した作品です。
名前は少し変えて「雪あかりに輝く倉庫群」

3枚提出し、運河はどちらかというと撮り尽くされているので、可能性は一番低いと思っていましたが・・・
主役を運河よりも倉庫側にもってきたのと、スローシャッターで倉庫群を明るく引き立たせ、後幕ストロボで雪の降る感じを捉えたのが良かったのでしょうか・・・
(後幕ストロボとは、ふつうはシャッターが開いた時に光るのですが、シャッターが閉じる時に光らせる方法です。こうすると背景をスローシャッターで明るくだしたい時、前の動く子供とかをぶらさないで撮ることができます
 
まわりはアツアツのカップルだらけの中、私はひとりで鼻水をジョロジョロさせながら撮影した甲斐がありました^^

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

流氷・道東の旅2010(27) オジロワシ迫力ショット
クルーズ船の私の立っている舷側のすぐ傍に、急に飛び降りてきたところをあわてて撮ったものです。
脚の毛並は、まさに野生的です。嘴の下の毛も見えます。
20100320a.jpg

そして、私の正面に正対になって着陸しようとしているところですが、このまま突っ込んでこられるような怖さがあります。
20100320b.jpg

完全にケンカ売っていますね。
でも、こんな鋭い爪と眼で睨まれたら、
謝って、退散するしかありません・・・^^;
20100320d.jpg

オオワシたちはもう朝の食事に満足したのか、のんびりとくつろいでそう・・・
20100320c.jpg

オオワシに比べオジロワシのほうが、クルーズ船のすぐそばまで近寄ってくれるみたいです。
もう、すぐ目と鼻の先にいるオジロワシに興奮しながらの撮影でした。
どの写真もトリミングしていません。
クルーズ船には500mm以上の超望遠レンズで撮影している方が多く、最初、垂涎の的で眺めていましたが・・・
以外とクルーズ船からの撮影では機動性のある300mm~400mmレンズのほうが瞬時にフォーカシングしやすいので上の写真を撮った時はこちらの方がいいのかもと思ってしまいました。500mmレンズもってないので負け惜しみかもしれませんが・・・^^

次回は捕魚シーンです。

SONY α700
SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

流氷・道東の旅2010(26) 羅臼のワシたち
流氷原を悠々と飛行するオジロワシ
その翼の長さは2メートル以上にもなる
20100319a.jpg

流氷の上を歩きながら、なにか思索を練っているような・・・
オオワシの鮮やかなオレンジ色の嘴と鼻孔は、ふてぶてしくもあり、かわいくもあり、野生的でもあり・・・(よくわからん^^;)
20100319b.jpg

ツーショット
20100319c.jpg

オオワシの飛翔
そのまなざしは
迷いなどない
20100319d.jpg

近寄れない離れた場所から撮影した昨年とは違い、今年は大きくワシたちを切り取ることができてうれしいです。
トリミングなどしていませんよ。
さらにド迫力なショットを次回で。

SONY α700
SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

流氷・道東の旅2010(25) 流氷原のワシたち
朝日を浴びて飛びたたんとするオオワシ
20100318a.jpg

オジロワシ
まさに鳥類の王にふさわしい威容と力強さ
20100318c.jpg

白い流氷原を、その大きな翼を広げて飛ぶオオワシ
20100318b.jpg

エサにありつくその眼差しは
大いなる生きる力強さを湛えている
20100318d.jpg

オジロワシ・オオワシシリーズ、まだまだ続きます・・・

SONY α700
SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

流氷・道東の旅2010(24) 明るくなる流氷に覆われた根室海峡
オオワシ三羽烏
カラスもいます^^

逆光で輝きだした朝日を入れての難しい撮影。
なんとかフレアを出さずに・・・
20100317a.jpg

流氷原もだいぶ明るくなってきました。
20100317b.jpg

明るくなりオオワシの毛並模様がわかるようになってきました。
わかりずらいかもしれませんが、
オオワシの背中が朝日を浴びて輝いています。
20100317c.jpg

さあ、ワシたちはどんなパフォーマンスをしてくれるかな・・・つづく

SONY α700
上下 SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM
中 SONY 16-105mm F3.5-5.6

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

流氷・道東の旅2010(23) 流氷上のオオワシと朝日
国後島にかかる雲の縁が朝日に彩られてきました。
すぐ目の前は日本人にとって近くて遠い島。
20100316a.jpg

国後島の上空から朝日が顔を出す。
オオワシが流氷に佇む。
朝日の輝きは日本でもロシアでも変わらない。
20100316b.jpg

流氷に佇むオオワシ。
彼らは自由にサハリン、沿海州と北海道を行き来する。
国同士の所有権の争いなんて、
彼らにとってそんなのカンケーネー
20100316c.jpg

つづく・・・

SONY α700
SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM


ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

流氷・道東の旅2010(22) 流氷覆う朝焼けの根室海峡
根室海峡の朝焼け
昨年訪れた時にはなかった流氷が、海峡を静かに覆っていた。
流氷と流氷の間の水面も朝焼けに色づいて美しい。
20100315a.jpg

美しい朝焼けとともに目の前には国後島が・・・
国境線なんかあるはずがない
それでも見えない中間線は存在するのだ
ふだんの場所とは違う朝焼けの風景

ところでオオワシ、オジロワシはどこにいるかな~
20100315b.jpg

いた!いた!!いた~!!!(こーふん)20100315c.jpg
つづく・・・

SONY α700
SONY DT16-105mm F3.5-5.6

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

流氷・道東の旅2010(21) 日の出前の厳寒の根室海峡へ
流氷・道東の旅は連載21回目になりましたが、3日目はたった2回で終了^^
羅臼からさらに昨年は吹雪の影響で行けなかった、車で行ける知床半島の根室海峡側突端である相泊までは行きましたが、流氷はまだ間近に見られなかったのと、連日の運転と撮影で疲労が出てきており、明日は日の出クルーズもあるので早々と宿にチェックインしました。


4日目
朝の4時半に起床。
羅臼港で昨年も乗船したクルーズ船エバーグリーン号に乗り込んだ。(昨年は波が高く引き返しました)
船内は各地からオジロワシ・オオワシを撮ろうと、大望遠レンズを引っ提げたカメラマンだらけだ。
外国人もいる。
標準レンズと~300ミリレンズしかない私はなんか萎縮してしまいそう^^;
さらに、今回はなんとNHKの取材陣も一緒に乗り込んでいました。
機材は高そうなハイビジョンカメラに南極観測隊のような防寒着を着ていて、まさに本格的!

日の出前の厳寒の根室海峡
波は穏やかだが、風は刺すように頬に当たる。
しだいに、国後島の山々の稜線が赤くなってきた。
20100313a.jpg

すぐに流氷帯にぶつかる。
遠方には流氷帯をさけ、漁をしているスケソウダラ漁船の灯りが輝いている。
この前、ロシアの銃撃事件があったばかりの緊張感漂う海峡。
20100313b.jpg

国後島の朝焼けと流氷。
クルーズ船は流氷に探照灯を照らしながら少しずつワシのいる所へ進む。
20100313c.jpg

つづく・・・

SONY α700
SONY DT16-105mm F3.5-5.6

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

流氷・道東の旅2010(20) 知床冬の大迂回
知床ウトロから反対側の知床羅臼まで、知床峠を通れば17kmの距離だ。
しかし、11月から4月末までは、雪に深く閉ざされ通行止めとなる。
そのため、反対側の知床羅臼までは斜里町まで引き返し、根北(こんぽく)峠、標津町と大きく迂回して行かなくてはいけない。
その距離、近道を通っても約120キロ超にもなる!

斜里町から国道244号線を通り、根北峠手前に古いローマの水道橋を思わせる、コンクリートの遺構がある。
越川(こしかわ)橋梁と呼ばれるこの遺構は、戦時中に鉄道橋として建設されたものだ。
当時鬱蒼と森林に覆われ、クマが多数出没し、タコ労働者の犠牲や戦時中の為、資材不足などの多大な労苦を経て建設された。
ほとんど完成されたが戦争の悪化により、鉄道線の建設中止、この橋を汽車が走ることはなかった。
20100312a.jpg

今はただ時間とともに、静かに佇むだけ。
20100312b.jpg

根北峠頂上付近。
20100312c.jpg

標津の広大な平野に出る。
直線距離10キロものまっすぐな道。
20100312d.jpg

SONY α700
SONY DT16-105mm F3.5-5.6

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

流氷・道東の旅2010(19)背後からさしこむ朝日
知床ウトロ側の朝日は背後の知床連峰から昇ってくる。
朝日は知床の山々より高くなった時に差し込んでくる。
山に遮られていた朝日が遠く水平線から流氷をオレンジ色に染めてくる。
20100310a.jpg

太陽が高く上がるにつれ、
海岸線まで流氷原が明るくなってきた。
20100310b.jpg

ウトロプユニ岬から見た、朝日に照らされる流氷の海。
標高の高い羅臼岳などに遮られ、
近くの流氷原はまだ太陽の光に照らされない。
20100310c.jpg

SONY α700
上 SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM
中下 SONY DT16-105mm F3.5-5.6
 
ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

流氷・道東の旅2010(18)静かな夕日のオホーツク海
知床ウトロプユニ岬より
日没のオホーツク海
まるで地の果てとは思えないほど
静かに輝いていた
20100309a.jpg

水平線は雲に覆われており
すぐに暗くなってしまった・・・
20100309b.jpg

明日は知床ウトロの反対側
根室海峡に面した
対岸には間近に国後島を眺める
知床羅臼へ向かいます・・・  つづく

SONY α700
SONY DT16-105mm F3.5-5.6

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

流氷・道東の旅2010(17)光と影の知床
時間は午後3時を過ぎ
次第に日の明かりがオレンジ色を帯びて来た。
知床の流氷原
日なたと日陰のコントラストが美しい。
20100308c.jpg

厳冬の2月の羅臼岳
冬の自然の厳しさの中に
ふとぬくもりある
表情を見せたかのよう
20100308b.jpg

美しい夕日の光に輝く流氷原
次第に沖合いには暗い雪雲が近づいてきた。
20100308d.jpg

そして、もうすぐ知床の流氷原に日が沈む・・・   つづく

SONY α700
SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

流氷・道東の旅2010(16) 流氷ウォーク
水が中に入らない専用のドライスーツを着て
流氷原を自由に闊歩することができる「流氷ウォーク」
浮力があるので海に落ちても大丈夫。
また、保温性もあります。

てっきり、ウェットスーツだと思っていましたが、
また、違うものなのですね。
ウェットスーツだと寒くて入れないですよね。
結構だぶだぶで、やせてる人も太っている人も体型はカバーしてくれそうです^^

写真では、今から気合?掛け声?で流氷の海の中に入るところ。
20100306c.jpg

海の中に入りました。
20100306d.jpg

上から見ると結構沖まで歩いていってますね。
昔だと流氷上を歩くのは危険とされていましたが、
専門のインストラクターとドライスーツを着て歩けば安全です。
20100307f.jpg

流氷ウォークのHP

 SONY α700
 SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

流氷・道東の旅2010(15)エゾシカ 知床にて
1.知床周辺ではいたるところにエゾシカが見られます。
20100307e.jpg

2.エゾシカ
その
麗しい瞳の視線に
ファインダーの動きが
一瞬止まった・・・
20100307a.jpg

3.これ以上
車では立ち入ることができない聖域
20100307c.jpg

4.まるで
歩行者のように
歩いています
20100307d.jpg

つづく・・・

SONY α700
1-3 SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM
4 SONY DT16-105mm F3.5-5.6

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

流氷・道東の旅2010(14)流氷に埋め尽くされる最果ての地
ようやく最果ての地、知床ウトロにたどり着きました。
ウトロのプユニ岬からの展望です。
20100306a.jpg

大きな流氷の塊です。
昔は巨大な塊がごろごろあったそうですが・・・
20100306b.jpg

 つづく・・・

 SONY α700
 上 SONY DT16-105mm F3.5-5.6
 下 SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

流氷・道東の旅2010(13)爽やかな青と白の世界
昼下がりのおだやかな知床の海岸線
青い空と碧い海に浮かぶ流氷
20100305a2.jpg

この時期は潮の干満が大きく、そのため、このように岸部だけが空いたようになります。
20100305b.jpg

まるで青い鏡のような水面に浮かぶ流氷。
20100305c.jpg

そして、最果ての地、知床ウトロへ・・・
つづく

SONY α700
上中 SONY DT16-105mm F3.5-5.6
下  SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

流氷・道東の旅2010(12)パスできないカフェPath
以科久原生花園からさらに東に5キロほど
斜里町峰浜まで来ました。
ちょうど、オホーツク海側の知床半島の付け根あたりと言ったほうがいいでしょうか。
ようやく、流氷の本体が岸近くに見られるようになってきました!
20100304a.jpg

ようやく、流氷も間近に見られるようになり、うれしい反面、
ちょうどお昼時になり、
私の胃の中はグゥ~~
しかし、ここから、さらにウトロまでは35キロ。
この間、食堂もコンビニもない・・・

と思った矢先、
道端にカフェの看板が!
そして、その店を垣間見ると
なんか、いいんじゃない!

さっそく、Uターンしてご来店。
でも、内心、よくこんなところに、こんなおしゃれな店がと思いつつ・・・
20100304b.jpg

道東らしい鹿肉のカレーとコーヒー
おいしかったです。
ちょうど、ゆっくり流氷が眺められて、旅の一息を入れられました。
オホーツク海が一望に眺められて、夕日や夏場もよさそうですね。
20100304c.jpg

名前はカフェPath(パス)
こんな所に(失礼^^)
こんないいカフェがあるなんて、スルーパスなんてしませんよ!

カフェPath HP 
シーニックバイウェイの方のカフェPath紹介ブログ

お腹が満足したあとは、流氷が埋め尽くす知床海岸を走ります!  つづく

SONY α700
SONY DT16-105mm F3.5-5.6

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

流氷・道東の旅2010(11) 流氷の裂け目の造形美
足元の流氷の裂け目に、雪のドライフラワー?
20100303b.jpg

樹氷と同じように、裂け目からの水分の蒸発が朝の冷え込みで、このような結晶状になったものができたのでしょうか?
調べてみましたが、こういうのはなんと言うのかわかりませんでした。
もし、知っている方いたら教えてくださいね。
このような結晶が見れて、流氷も様々な表情を見せてくれるんだと体感しました。
20100303c.jpg

流氷の裂け目です。
20100303a.jpg

そして、最果ての地、知床へ・・・  つづく

 SONY α700
 SONY DT16-105mm F3.5-5.6

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

流氷・道東の旅2010(10) 斜里まで来ましたが・・・
網走からおよそ東へ40キロ、網走と知床ウトロの中間点に位置する斜里町市街地すぐ傍にある以久科(いくしな)原生花園です。
ここは、夏場エゾスカシユリやハマナスが咲き乱れる所ですが、流氷のビューポイントでもあります。
ここまで来ても、まだ流氷本体は沖のほう・・・
20100302b.jpg

流氷だといえば流氷ですが・・・
このような取り残された残骸ばかり。
20100301a.jpg

期待したような流氷が見られなくて残念がりながらも、岸に取り残されている大きい流氷の上に乗りながら撮影していると・・・   つづく

SONY α700
SONY DT16-105mm F3.5-5.6

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真


copyright 2008-2015 North Feeling  all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。