North Feeling 

北海道の雄大な自然から、日常の身近な風景まで

◆ FC2カウンター

◆ プロフィール

ei-chan

Author:ei-chan

◆ カテゴリー

◆ ブログ内検索

◆ 最近の記事

◆ 月別アーカイブ

◆ ブログリンク

このブログをリンクに追加する

◆ お気に入りリンク

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
深々と
p20081129a.jpg
 深々と
 降り積もる丘で

 2008年11月24日 美瑛町 パッチワークの丘

 SONY α700
 SONY DT16-105mm F3.5-5.6

 親子の木のとなりにある木です。
 冬は雪が音を吸収するのでとても静かですね。
 
ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 
スポンサーサイト

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

初冬 哲学の木
p20081128a.jpg
 初冬 哲学の木

 2008年11月24日 美瑛町

 SONY α700
 SONY DT16-105mm F3.5-5.6

 この日は、朝から全般的に雪模様でしたが、昼過ぎに一時的に晴れて、まだ雪を被って間もない畑の筋が見える雪原を哲学の木と撮ることができました。

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

ひとつの冬の芸術
p20081127a.jpg
 ひとつの冬の芸術

 2008年11月24日 美瑛町 美馬牛自家焙煎珈琲店ゴーシュにて

 SONY α700
 SONY DT16-105mm F3.5-5.6

 JR富良野線の美瑛から南にくだった次の駅に美馬牛があります。
 観光客で混雑する夏場と違い、私が訪れた時はひっそりと静かにたたずんでいました。
 販売価格60円の手作りびえいカラーMAPには、ここに自家焙煎のカフェが書かれているので一服しに寄ってみました。 
 メニューにはいろんな種類のコーヒーや、食事もいろんなメニューが載っていました。
 ケーキセットを注文し一服した後、玄関の前の屋根から滴る氷柱がだいぶ傾いた陽をあびて綺麗でした。

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

深山峠観覧車建設問題について
 美瑛町の境界からすぐ南に位置し、「花人街道」とも言われる国道237号線の動脈が通る、通過地点に深山(みやま)峠があります。ここからの風景は、晴れれば雄大な十勝岳連峰を望め、その粗野には牧歌的な丘陵地帯を見通すことができ、多くの観光バスが足を止め、多くの観光客がその雄大な牧歌的風景に魅せられて行きます。ここからの十勝岳の眺めが一番良いと言われるほどの所です。
 そして、この深山峠には食堂やお土産屋の他にトリックアート美術館があります。道民にとってはローカルCMなどでご存知の方が多いと思いますが、実は、ここの会社がそこの隣接する土地に高さ50メートルの観覧車を建てようとしています。
 
 観覧車からの高い視点から望む眺めはとても素晴らしいものになるでしょう。
 
 で・す・が、その周辺、例えばジャットコースターの道周辺から望む十勝岳連峰の眺め、直線距離にしてJR富良野線をまたいで1キロちょっとしかない美瑛町の四季彩の丘、その他の様々な美瑛、上富良野町の地点から眺める風景に深山峠が入っていたらどうなってしまうのでしょうか?
 
 美瑛、その周辺の丘陵地帯のような風景は世界中どこを探してもないと言われています。
 単に風景の邪魔物になり、写真が撮れなくなるだけではありません。
 この構造物ができることによって、ここの全体的なイメージやセンスがどうここを訪れる人に問われてくるかに危機感を持つ次第です。

 この貴重な風景遺産ともよべるようなこの地に50メートルもの観覧車。どう比較したらいいかわかりませんが小樽ウィングベイの観覧車は58メートルだそうですから、これは結構高いですよ。ちょっと待ってくださいという気持ちです。
 
 どうして、これを建てる社長さんはもっとましなことを思いつかなかったか不思議です。
 私がこれを知ったのは、10日前くらいの北海道新聞なのですが、なんと、この計画、実はもう計画ではなく、とっくに上富良野町の審議でGOサインがでて、なんと資材は運び込まれ建設が始まっているそうなのです。
 理由として、ここからの景色はとても素晴らしいから、疲弊している地方経済にたいしてここでひとつ話題を集めるものを作って、多くの人を呼び込もうというものだそうですが、いくらなんでもなにか作れば人が呼び込めるようなバブル時期の時代遅れの発想にはどうしたものかと思ってしまいます。夕張の事例は思いうかばなかったのでしょうか。
 
 トリックアート美術館の説明
 
 ここの社長さん、深山峠からの景色はとても愛されていることでしょう。
 ですが、まわりに及ぼす影響は考えられなかったのでしょうか。
 説明でロンドンの例を挙げていますが、ここはロンドンのような都市ではありませんし、その他のフィレンツやヴェネツィアのような歴史的な都市は窓一枚、壁のタイル一枚取り替えるだけでお役所の許可が必要といいます。多くの歴史的都市の条例がそうだという多勢を無視して、ひとつの例外だけを取り出していいじゃないかと言っているようなものだと思います。

 あくまで推測ですが、トリックアート美術館はだいぶ古くなり目新しさがなくなり、もうあまり人を呼び込めなくなったので、新しい目玉商品が必要なのかもしれません。その対案としての観覧車とはいかにも稚拙さを感じさせてしまいます。トリックアート美術館がだめなら、トリックアートの美術品は売却して、なにか総合的に美瑛や富良野で活躍している(いた)画家やその他の芸術家、写真家の総合美術・芸術館や地元の物産を売ったり、地元の芸術家や農家の人と交流できる場所に作り変えたほうがいいと思いますけど。国道沿いだから集客が見込めるし、なによりも地元の人の為にもなると思いますがどうでしょうか?

 そして、それを指導する立場の町は、上富良野町平成20年度 第1回景観づくり推進会議を読んでいただければわかりますが、観覧車を建てる社長にGOサインは出すが、もし、それで成功したらそれにあやかられればいい。もし、失敗したらすぐ撤去してくれという、町としてのポリシーも理念もなにもない、金儲け主義のなんとも無責任な一体感のない姿勢を感じてしまうのは私だけでしょうか?
 北海道景観条例が施行されるのは来年5月からで、それまでに建設すれば条例に引っかからないからいいではないかという姿勢にはあきれてしまいます。

 私は美瑛・富良野に関しては、今年から撮影を始めたばかりでまだまだこの土地のことについては知らないことばかりで初心者の部類だと思います。ただ、言えることはここの景色はとても素晴らしいし美しいということです。
 この素晴らしい所をもっと大事に思ってほしいということです。
 もちろん、その土地に住む人にとって景観よりも生活が大事なのはよくわかっています。
 しかし、ここは知床の大自然とは少し違っています。
 自然と人との調和のとれた山里風景なのです。
 同じ人工物でも農作業小屋と鉄筋の観覧車とはワケが違うのです。

 地方の町が経済的に疲弊して、なんらかの経済的効果が必要なのはわかります。
 しかし、小手先の1,2年先の経済的効果だけでなくもっと、我々の子供の世代までに引き継げるような長期的な視点から立って考えていただきたいです。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

冬の白髭の滝
p20081126a.jpg
 冬の白髭の滝

 2008年11月24日 美瑛町 白金温泉

 SONY α700
 SONY DT16-105mm F3.5-5.6

 十勝岳連峰の麓の白金温泉までくると、かなりの積雪があり、エゾマツ、トドマツは白く雪がかぶり本格的な冬の到来を告げていました。
 白髭の滝では、美瑛川のコバルトブルーの水面から滝の温度が高いのでしょう、少し湯煙が上がっていました。

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

雪降る暮れゆく丘で
p20081125b.jpg
 雪降る
 暮れゆく丘で

 2008年11月24日 美瑛町 親子の木

 SONY α700
 SONY DT16-105mm F3.5-5.6

 美瑛はもうだいぶ雪が降り、白い景色に様変わりました。
 
ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

凍てつく丘で
p20081120a.jpg
 凍てつく丘で

 2008年11月20日 石狩市厚田地区にて

 SONY α700
 SONY DT16-105mm F3.5-5.6

 一週間ぶりの更新です。

 この日の石狩はとても風が強くて体感温度が-何℃の突風が頬に刺すように当たってきました。
 この写真の場所、実は夏に大麦畑があったところです。6月27日の写真
 これからの日本海沿岸は雪雲の暗さが目立ちますが、この寂寥感が好きです。
 そして、防寒をしないと寒くて写真が撮れない季節の到来です。
 気軽に身軽さがないですが、冬眠しないでこれからも自分なりの感性で撮っていきたいです。
 
 
ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

白い木 白い山
p20081114a.jpg
 白い木 白い山

 SONY α700
 SONY 70-300mmF4.5-5.6 G SSM

 2008年11月11日(ポッキーの日)札幌市 手稲山

 白く染まった頂と白樺の白がお互いに、これからの冬の季節の到来を語ってくれていました。

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

月夜の高島岬と石狩湾
p20081113a.jpg
 月夜の高島岬

 2008年11月11日 小樽市祝津

 SONY α700
 SONY DT16-105mm F3.5-5.6
 
 小樽水族館の高台に建つホテルノイシュロス手前に赤岩の断崖や石狩湾を大きく見渡せる展望スペースがあります。
 ここから撮影した月夜の石狩湾です。水平線の向こうには石狩湾新港地帯の明かりが見えます。
 左下に見えるのが日和山灯台と、中ほど下に見える建物は鰊御殿です。
 日和山灯台の突き出た岬が高島岬になります。
 ここの展望スペースは駐車帯となり、眺めがいいので格好のドライブデートスポットと言えるでしょう。
 この日も綺麗に石狩湾に映える月明かりを見にきたカップルと思われる車が停車していました。
 そこで三脚を立てて寒い中、撮影している輩の私はきっと目障りだったに違いありません。
 
ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

月夜の港
p20081112a.jpg
 月夜の港

 2008年11月11日 小樽市祝津港

 SONY α700
 SONY DT16-105mm F3.5-5.6

 この日の日没後は波が静かで、月の光が石狩湾の海に照らされとても綺麗でした。

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

初冬の手稲山
p20081111a.jpg
 初冬の手稲山

 2008年11月11日 札幌市 手稲山山麓より

 SONY α700
 SONY DT16-105mm F3.5-5.6

 札幌の西に聳え立つ手稲山は、朝、白く染まっていました。
 山頂にはテレビ局などの電波塔が立ち並び、かつて、札幌オリンピックのスキー競技の会場にもなった山です。
 
ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

黄昏に輝きながら・・・
p20081110a2.jpg
 黄昏に輝く・・・

 2008年11月6日 美瑛町 パノラマロード

 SONY α700
 SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM

 黄金色に染まったカラマツが、午後の雲間からの陽を浴びて、秋の紅葉のラストシーンを彩っていました。

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

晩秋の三本の木
p20081109a.jpg
 暮れなずむ
 晩秋の三本の木

 2008年11月6日 美瑛町 パノラマロード 三本の木

 SONY α700
 SONY DT16-105mm F3.5-5.6

 すっかり葉が落ちましたが、これからの長い冬を真ん中の弱い木を守りながら、支えあう三本の絆というものを感じさせます。

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

晩秋 哲学の木
p20081108a.jpg
 晩秋 哲学の木

 2008年11月6日 美瑛町 パノラマロード 哲学の木

 SONY α700
 SONY DT16-105mm F3.4-5.6

 ついこの前まで多くの観光客やカメラマンが訪れていたのがウソのように、美瑛の丘は静まりかえっていました。すっかり葉が落ち、晩秋の雰囲気を色濃く感じさせます。もう少しで真っ白な地面が広がるでしょう。

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

ある夜の美瑛の丘
p20081107a.jpg
 月光夜に浮かぶカラマツ林

p20081107b.jpg
 大地に轟く稲妻


 2008年11月6日 美瑛町 パッチワークの丘にて

 SONY α700
 SONY DT16-105mm F3.5-5.6

 上下の写真、実は同じパッチワークの丘から、同じ時刻頃に撮影したものです。
 富良野方面は雲があけ、月が輝いていましたが、旭川、十勝岳方面は漆黒の雲が広がっており、その中から時折、ぴかっと稲妻が光っていました。

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

木枯らしに舞う枯葉
p20081106a.jpg
木枯らしに舞う枯葉

 2008年10月19日 洞爺湖畔にて

 SONY α700
 SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM

 壮瞥キャンプ場の湖畔を散策していると、急に強く風が吹きたくさんの枯葉が舞いながら落ちてきました。

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

赤く輝くもみじ
p20081105a.jpg
 まるで赤い血がかよっているような・・・・

 2008年10月25日 七飯町 大沼湖畔にて

 SONY α700
 SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM

 陽光があたるもみじを、逆光で透かして撮影。
 赤いもみじは、色飽和しやすく露出補正が難しいです。
 
 私が小さかったとき、暗い部屋で手指をぴたっとふっつけて反対から懐中電灯をあてると、指の縁が赤くなり、自分には血が流れているのを実感した思い出があります。この写真をみてその時のことをふと思い出しました。

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

SLニセコ号
 p20081104a.jpg
 もくもくと
 力強く
 かつての
 消えていったヤマの姿を重ねて

 2008年10月13日 ニセコ町 ニセコ大橋よりニセコ駅を発進するSLニセコ号

 SONY α700
 SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM

 この日たまたまニセコ大橋を通りがかった時、人だかりがいたので、なんだろうと行ってみると、ちょうどSLニセコ号がニセコ駅に入ってくる所で、運よく撮影することができました。
 この写真はニセコ駅から発車していくところです。
 SLは力強く、やっぱ迫力が違いますね~
 橋の下をくぐって行った後、あがってきた煙がすごかったですが、これが石炭独特の臭いかと、なんか昔の臭いを嗅いだ気持ちでした。
 上の詩のヤマとは、かつて北海道で隆盛を誇った、夕張などの炭鉱のことです。
 その頃は今と違って、日本の成長を力強く支えていた場所でした。
 私の生まれた頃には、もう、ほとんど走っていなく、走っているのを見た記憶もありません。

 SLというと銀河鉄道999を連想してしまいます。
 鉄郎のようにパツ金の美女と旅をしてみたいものです。(すいません、冗談です・・・最後にだまされてネジにされたくはありませんから・・・かなっ・・・・・・)
 
ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

やさしい光を浴びて もみじ
p20081103a.jpg
 秋のやさしい光を浴びて・・・

 2008年10月26日 七飯町 大沼湖畔にて

 SONY α700
 SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM

 バックは大沼湖畔にある蓮が浮いている場所です。
 なかなか写真の本で見るような、形が欠けていないもみじの房はないですね~

 ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

大沼と駒ヶ岳
p20081102a.jpg
 大沼と駒ヶ岳

 2008年10月25日 七飯町 

 SONY α700
 SONY DT16-105mm F3.5-5.6

 この日は秋風が肌寒かったですが、前日の雨と打って変わり、青空のもと雄大な駒ヶ岳を望むことができました。

 大沼は1640年のこの駒ヶ岳の噴火で、川が堰き止められてできた沼なんだそうです。
 比較的新しいんですね~

ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

秋 染まる色
p20081101a.jpg
 秋 染まる色

 2008年10月30日 札幌市 北海道神宮にて

 SONY α700
 SONY 70-300mm F4.5-5.6 G SSM

 昨日の写真と同じ木の色づいたカエデの葉です。
 なかなか、上手く撮れないです。

 
ランキングに参加しています。なにか感じて頂けたら、ワンポチッとありがとうございます☆ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真


copyright 2008-2015 North Feeling  all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。